iPhone修理の正規店と非正規店の違いやメリット・デメリット

iPhone修理を店舗にお願いする場合、正規店と非正規店ではどちらが良いのか?それぞれのメリットやデメリットとは? - iPhone修理の正規店と非正規店の違いやメリット・デメリット

iPhone修理の正規店と非正規店の違いやメリット・デメリット

ものを修理して使うという文化は昔から日本に定着している文化の一つです。
すぐにものを捨ててしまうような今の時代にも修理をちゃんとお願いするという人は多くいるものです。

販売元にまずはお願いする

何かものが壊れてしまったときにはとりあえず「修理をしよう」と考えます。
そのとき、いくつか修理の方法がありますが最も多いのは「販売元にまずは相談してみるか」という方法だと思います。
自分で直すという方法もあるにはあるのですが、機械や仕組みに精通していないと直しようがありません。

修理料金の方が高い昨今

ところが、修理を依頼したら「この商品の値段よりも修理料金が高くなってしまいますが、いかがなさいましょうか」という言葉が耳に入ってきます。
なんと、部品を交換してもらうだけにもかかわらず修理の料金が買ったときよりも高くなると言うおかしな現象が発生するのです。
これはとても簡単な論理で、一つ一つの部品をくっつけてできあがった本体を販売するときと一つ一つの部品を修理用の部品として販売するときには値段の付け方が違うからです。
修理の時には、部品の原価に利益を上乗せしなおかつ手数料まで取りますから部品一つ一つの原価の合計に利益を上乗せした本体よりも高くなりがちなのです。

せっかく使っているものを

ただ「高いお金を支払ってでも直したい」という人は実際にいるもので、だからこそどこの会社も今でも修理専用の窓口を用意しているのです。
「せっかく今まで使ってきて、愛着もわいているにもかかわらず捨ててしまいたくない」という人間の心は、金額の多寡の前にも揺らぐことなど無いのです。

携帯電話は特にその傾向が強い

そうした傾向は、私たちが日常当たり前に使っている携帯電話で強く表れます。
iPhoneは、元々の本体価格が高いと言うことと毎日使っていて様々な思い出がその中に詰まっていると言うことからどうしても修理をしたいという方が多いのです。
もっともスマートホンは毎日のように持ち歩き、誤って手から滑り落とす確率が高いため壊れやすさも昔の携帯電話に比べたら相対的に高くなっています。

ならば修理をお願いしよう

スマホ
iPhone修理をする際には、携帯電話のショップに持ち込んでとかアップル社の窓口に持ち込むというのが一般的です。
それ以外にも、町田や千葉など日本全国に存在するiPhone修理の専門店に持ち込んで修理してもらうことが出来ます。
一般的に前者は「正規店での修理」、後者は「非正規店での修理」といわれます。
修理をお願いする以上、正規店で修理してもらった方がよいと思うのですがどうして非正規店がたくさんあるのでしょうか。

どういう違いがあるのか知っている?

そこで今回は、正規店での修理と非正規店での修理にはどのような違いがあるのかと言うことについてお教えしたいと思います。
kuilh
どういう違いがあるのかと言うことを知れば、今回はどちらで修理をしてもらおうかという選択が出来るでしょう。
また「こちらでなければいけない」という事情だってもしかしたら存在するかもしれません。
正規店での修理と非正規店での修理には一体どのような違いがあるのか、仕上がりやサービスの提供具合などについてもお教えしたいと思います。
そして皆さんが一番気になるであろう「修理料金について」もそれぞれの違いやメリット、デメリットをご紹介します。
あなたの体の一部ともいえるiPhoneを早急に治せる対応を取りましょうね。